アルミホイルを使って簡単に歯を白くする方法が話題に・・!

アルミホイルといえば料理の時に使うものというイメージがあるものですが、実はヤニ取り歯磨き粉で歯を白くする方法として注目を浴びているものなのです。誰の家にでもあるアルミホイルを使って歯を白くする方法は、他に重曹と歯磨き粉、塩を使います。
重曹と歯磨き粉、塩をよく混ぜて歯に塗り、その上からアルミホイルを貼って1時間以上待ち、歯磨きをして口をゆすいで終了、というのが簡単にできる歯を白くする方法です。重曹には高い研磨効果がありますので、仕上げの歯磨きは力を籠めすぎないように優しく行うようにしてください。歯に上手くアルミホイルがくっつかない場合には、マウスピースで剥がれないようにしても大丈夫です。待っている間は本を読んだりテレビを見たり、入浴をするなどしてゆっくりと待つだけです。わざわざ歯医者で高い費用を出してホワイトニングをしてもらわなくても、簡単に自宅にあるものだけで、たった1時間待つだけで歯を白くする方法になります。時間があるタイミングにでも、ぜひチャレンジしてみてください。
アルミホイルを使って歯を白くする方法を行う時の注意点は、過度に行わないようにする、ということです。歯の表面を守っているエナメル質は、一度傷ついてしまうと元に戻ることがありませんから、やり過ぎてしまうとエナメル質に傷がついたり薄くなる要因となってしまい、虫歯や着色の原因になってしまうことがあります。1週間に1度程度の頻度に抑えるようにしましょう。